有限会社横浜化成が取り扱うの3Dプリンターについてご案内します

3Dプリンター

お客様のイメージをカタチにする3Dプリンター

3Dプリンターの導入により理想的で高精度の立体製品を製作

お客様からいただくご要望で以前より多かったものに、写真やマンガ、イラストなどの立体化および製品化が挙げられます。しかしながら、こうしたものは平面的なデータしかないために、立体化するための図面を起こしたうえで金型を製作し、それから製品を作る必要がありました。

こうしたいくつかの工程を経ることで、もともとのお客様が描いていたイメージと、当社が図面を起こした際のイメージ、さらに、金型業者が作ったもの、さらにその金型からできあがる製品との間で、どうしても相違が出てきてしまいます。こうした場合、理想に近づけるために何度も作りなおしをしなければなりませんでした。

こうしたリスクを最小限に抑え、なおかつお客様が理想とする立体製品を作れないかと思い、導入したのが3Dプリンターです。3Dプリンターは、図面(3D CADデータ)をもとに、データどおりにプリント(立体化)されるため、お客様とのイメージの相違が断然少なく済みます。3Dプリンターを導入することで、より理想的で高精度の立体製品を製作し、ご提供できるようになりました。

3Dプリンターの作業の流れ
STEP1平面図の確認
お客様から頂いたマンガ図
お客様から頂いたマンガ図

お客様から平面図をいただき、ご依頼内容を確認致します。
寸法化もされて一石二鳥です。

矢印
STEP2データ化
図面を3Dプリンターに取り込み、まずはデータで立体的なイメージを作成。
イメージ作成後、実際にデータをプリントアウトします。

平面図をデータで立体化
平面図をデータで立体化

3DCAD図面
3DCAD図面

矢印
STEP33Dモップの作成
プリントアウトした3Dモップをお客様に提出し、立体的なイメージをご確認頂きます。
使用感や強度等を確認したい場合は試作型の作成も可能です。(別途費用がかかります。)

データをプリントアウト
データをプリントアウト

3Dモップ
3Dモップ

矢印
STEP4完成
お客様に承認を頂いた上で実際に金型を作成。完成した製品が下記の写真です。
3Dプリンターを使用することで完成までのスピードが上がります。

仕上がりイメージ1
仕上がりイメージ1

仕上がりイメージ2
仕上がりイメージ2

3Dプリンターの詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

ご利用されたお客様より「プレゼンの時も説明しやすく、今までより製品が出来上がるまでのスピードが早くなった。」と大変好評を頂いております。

自社の製品も3Dプリンターで立体化できるのか、製品完成までどれくらいの期間でできるのか、費用はどの程度かかるのか等、気になる点が御座いましたらまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

高品質・低コストのエラストマー射出成形・特殊加工
お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ

お問合せ

エラストマー成形のご提案